乱視用

乱視というのは一般的には球状をしている眼球が縦と横のカーブが異なって歪んだ状態になっているために目の焦点がずれてぼやけて見えてしまう状態のことです。近視や遠視に度数があるように乱視にもこの横のカーブと縦のカーブが人によって曲率が違って乱視の方向も異なり、やはり度数で表示されます。

乱視というのはかなり多くの人に見られる症状のひとつなのですが乱視の度数が-1.00Dを越える強い乱視の人の場合、遠くも近くも見えづらくなってしまいます。乱視を矯正するには自分の視力に合ったメガネや乱視用コンタクトレンズをしなければならず、あわないものを使用すると視力が悪くなってしまう危険性もあります。これまで乱視の人はカラコンを使用するのは難しいといわれてきたのですが、最近は乱視用のカラコンというものも出現し瞳をおしゃれに印象づけることが可能になったのですが、一般的な度ありのカラコンよりもさらにデザインや選べる種類が限定されてしまうのが現実です。

お洒落したい気持ちはあっても、失敗しないためには乱視カラコンにどんなものがあるかということばかりに目を向けるのではなく、自分自身の目の状態を正しく知ることが大切です。まずはきちんと眼科を受診して自分の正確な視力、乱視の度合いなどを測定した上で、乱視用のカラコンを使用したい旨を相談するのがおすすめです。目に直接装着するものなので、医師の指示に従って慎重に選ぶようにしましょう。フォーチュンコンタクト